うつのお薬を減らすには?

この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

最近僕はそこそこ調子も良く、
ずっと飲んでいたお薬を減らす段階に差し掛かってきたようです。

飲んでいたのはサインバルタカプセルなのですが、
多いときで最大量の60mg飲んでいました。

減薬は慎重に・・・

どんなお薬もそうなんですが、その中でも抗うつ薬というのは依存性が高いといわれており
素人が勝手に量を減らすと結構危険が伴います

減薬したいときは必ず医師に相談せよ!

今回僕が飲んでいるサインバルタはその中でも特に依存性が高く
離脱症状というのが多い部類のお薬になります。

そのためいきなりゼロにしてしまうといろいろな症状が現れ
場合によっては危ないとされています。

離脱症状ってなに?

離脱(りだつ、: Withdrawal)とは、医薬品や娯楽的な薬物英語版)のように依存を形成する薬物を減量あるいは断薬することによって一連の症状を生じることを意味する[1]

Wikipedia 離脱 より引用
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A2%E8%84%B1

離脱症状の中にはこのようなものがある

  • 不眠
  • 吐き気
  • ふらつき、めまい
  • 感覚障害
    (シャンビリといわれるもの) 
  • 耳鳴り
  • だるさ
  • イライラする、ソワソワする、不安になる
    など

減薬の方法はこんな感じ

最大量飲んでいる人の場合は徐々に少なくしていき
そのお薬の一番少ない量へとしていく方が無難だと思います。

僕の場合だと60mg→30㎎→20㎎といった感じで減らしてきました。

20㎎(最小)になったあとから1週間は1日置きに飲み
その次の1週間は2日置きに飲む、その次の1週間は3日置きに飲む
そのあと順調にいけばゼロにする。という感じでやっていこうとなっています。
(あくまでも僕の場合ですが)

抗うつ薬はない方がよい

抗うつ薬から抜け出せなくなる

これは人にもよるかもしれませんが、
抗うつ薬を飲むと抜け出せなくなるんですよ・・・
先ほども言ったように依存症になるので・・・

僕の場合はうつの症状がキツイので今まで抗うつ薬を飲んでいましたが、
考え方を変えるきっかけがあり、
うつの症状がキツイから抗うつ薬を減らそうと考えるようになりました。

抗うつ薬は感情の波を抑え込む

うつ病だから動けない。というは前提であると思いますが、
実は抗うつ薬を服用していると余計動けなくなるのです。
それは毎日飲んでいると本来であればそこまで落ち込んでいない日でも
抗うつ薬を飲むことによって抑え込まれてしまい気分の波がうつの方向へ落ちるのです。

なので、当然のことながら毎日気分は落ちたまま・・・
何もやる気がでないという悪循環に陥るのです。

それに気付かせてくれた方がいて、
それから主治医に相談し、今のように断薬に向けて減らそうとなったわけです。

抗うつ薬をやめることで元気になる

回復期に差し掛かると多少なり元気な日が増えてくるのがわかるかと思います。
であればもう抗うつ薬飲み続けるのは正直必要ないような気がしてきます。

僕の経験では、身体は元気なのになぜか無気力
何もやる気がでないということが結構ありました。

それは抗うつ薬のせいなんです。

急性期などの時は身体もだるかったはず・・・。
それが身体は動けるはずだけど頭が重いとなるともったない!!

僕は昨日から減薬開始したわけですが、
さっそく昨日から元気になっていました。

通常仕事終えて帰宅するとぐったりして無気力なのですが、
昨日は帰ってきてもゲームしたりブログ書いたり・・・
久しぶりに充実していました。
サインバルタはとても強いお薬なのでこれが完全にゼロになればきっと
今まで通りに戻れるんじゃないかな??と期待しています。

予定では今年の12月までにはゼロになるはず。
その時はまた、経過をアップしますね。

それでは!
いつもポチっとありがとうございます!
今日もポチっとよろしくお願いします(^▽^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ

もしよろしければシェアをお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました