増税前の買いだめそれ必要?!【軽減税率について解説します】

冷蔵庫買いだめ
この記事は約3分で読めます。

10月から消費税が8%から10%に上がりますよね・・・
みなさんはもしかして買いだめしちゃっている感じでしょうか??
だとするとこれはあなたに向けた記事です!

買いだめした冷蔵庫

調べて書いていますので一部間違っていたらごめんなさい。
書いている僕でさえ混乱する軽減税率を御覧ください・・・(笑)

それは本当に買いだめが必要ですか?

「軽減税率制度」って知っていますか?

簡単に言うと、軽減税率対象のものは増税後も消費税が8%据え置きになるというもの。

消費税というものはその人の所得に関係なくかかるもののため
そのまますべてを増税すると低所得層には負担となる。
よって飲食物新聞は8%のまま据え置きにしましょうという制度となります。

軽減税率対象のものとは?

1.飲食物のお酒以外!
食品のイラスト

まず対象物としては飲食物が上げられる。

この中で「お酒」は対象外となり消費税は10%が課せられる。

ファストフード店

更に「外食」も対象外となり同じく10%が課せられることになる。
その中でちょっと厄介なのが、これ
お店で買って持ち帰ってお家で食べるいわゆる「テイクアウト」これは8%据え置きで、
お店で買って店内で食べて帰るこれは10%にアップする。

これはとあるページで見つけた例なのだが・・・

お酒のイラスト
  • 水道水→10% だが ミネラルウォーター→8%
  • みりんや料理酒→10% だが みりん風調味料→8%、ウイスキーボンボン→8%
  • ペットフード→10% だが 人が食べられるペットフード→8%
おもちゃ付きのお菓子がややこしい
食玩

もっともっとややこしいのがおもちゃ付きのお菓子だ。
子どものいるご家庭ではよく買うと思われますが、これがまたややこしいのです。

おもちゃ付きのお菓子の販売価格が税抜1万円以下
そのうち食品の価格の割合が3分の2以上であれば全体の価格に8%がかかる
軽減税率対象となる)

マクドナルドのハッピーセットではおもちゃはおまけらしく
テイクアウトすると軽減税率対象となり8%となる。

ネット販売での食品にも適応される。
ネット通販のイラスト

ネットが充実しているこの時代では、
店で買うよりもネットで買うという人とほうが多いかもしれない。
では、そのややこしい一例を御覧ください。

「送料込み」では消費税は8%のみ(お酒を除く)
「送料別」では商品には8%送料には10%がかかることになる。

2.次に新聞(週2回以上発行されるもので、定期購読しているものに限る)
新聞配達員のイラスト

更にややこしいのが新聞だ。

これを簡単に解説すると、週2回以上発行される新聞でかつ、
定期的にポストに入っていて読むものといえばよいのかな・・・?

そしてお店で買うものは対象外で10%が課せられる。
更にネットで見る「電子版」も対象外として10%が課せられることになる。

それ以外のものはすべて10%にアップする

洗剤のイラスト

赤ちゃんの用品(ベビー用品)、生理用品、ティッシュやトイレットペーパー、
化粧品、医薬品、常備薬、洗剤、家電、日用品、ガソリン、服、文具
これらはすべて10%になります。

粉ミルクのイラスト

しかしその中のベビー用品の中で、粉ミルク、ベビーフード、離乳食は軽減税率対象で8%になります。

どうだったでしょうか・・・!?
明日から増税されますが、ちゃんと理解できましたか?
これから先、混乱しないようにしっかり理解しておきましょう!!

それでは!
いつもポチっとありがとうございます!
今日もポチっとよろしくお願いします(^▽^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ

もしよろしければシェアをお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました