サインバルタは強すぎる?!

この記事は約2分で読めます。

こんにちはぐっさんです(*´∀`*)

この前減量をするために行った漢方専門の薬局の先生が言っていましたが
サインバルタはかなり強い薬であるというもの

そこで改めて調べ直してみました。

サインバルタカプセル30mgについて

主成分:デュロキセチン塩酸塩
作用と効果:脳内のセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害する

用法用量について
最初は20mgから→40mg→60mgまで上げることができる。

生活上の注意
眠気、めまいなどが起こることがあるため、運転には注意をすること
そして症状が出たら収まるまで運転はしないこと。
アルコールによって作用、副作用が強くなることがあるので注意

副作用について
吐き気、傾眠、口渇、頭痛、便秘、下痢、めまい、腹部痛、不眠、倦怠感、食欲減退、高血糖、嘔吐、体重増加、腹部不快感、発疹、かゆみ、じんましん、接触性皮膚炎、光線過敏反応(日光による過度の日焼け、かゆみ、色素沈着)、血管浮腫、皮膚血管炎などがある。

ちなみにこの中で、僕が感じたことのある副作用は
吐き気、傾眠、口渇、頭痛、便秘、下痢、めまい、腹部痛、不眠、倦怠感、体重増加、腹部不快感、かゆみである。
そのことから考えても結構な種類の副作用が出ていることがわかる

明日が通院の日になっているため
減らしてもらおうと思います。

それでは!
いつもポチっとありがとうございます!
今日もポチっとよろしくお願いします(^▽^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました