父の若年性アルツハイマー型認知症。

うつ病女性
この記事は約2分で読めます。

アルツハイマーの人うちの父は若年性アルツハイマー病になって25年になります。

若年性なので父が52歳の頃から始まりました。

今は介護度も5になって、自力では動けないので介護が重労働ではあるものの、慣れもあって気分的にも落ち着いていますが、最初は大変でした。

最初は物忘れから始まりました。

3時間前の事をすっかり忘れているという症状が、だんだん時間が短くなって1分前の事も覚えていないという状況になりました。

その頃の父はまだ、煙草をすっていて、一口吸うと手近な棚やテープル、ソファーのひじ掛けなどに煙草を置いて、家中あちこちが焦げ跡だらけになりました。

そこで、煙草を吸いたがる時は飴を上げるようにすると、煙草を自然と止めました。

次は、病気が進んで暴力が出る様になりました。

被害妄想の症状からくるものです。

認知症では、攻撃するターゲットが決まっています。

うちではそれは私でした。

特に何の理由もなく、目が合っただけで殴り掛かってきます。

毎日、殴られ、蹴られ、投げ飛ばされました。

周りに止めてくれる人がいない時は悲惨です。

過呼吸の人20分以上も攻撃され、酷い過呼吸になって救急車で病院に行ったこともありました。

しかし、父の症状が進んでいくとだんだん自分で出来る事が減っていき、それに伴って暴力も収まっていきました。

進行を遅くする薬は飲ませていましたが、それでも少しずつ症状は進んでいきます。

言葉が出なくなり、やがて笑う事もしなくなり、無表情になっていきました。

今では、食事もお風呂も全介助、車椅子にはかろうじて座っていられるので、昼間はデイサービスに行ってもらってます。

お風呂はデイサービスで介護士さんがいれてくれるので、一番大変なのは寝起きする時です。

おむつを替えて着替えさせ起こして車椅子に、または車椅子からベッドへ移す。

母と2人がかりで毎日はぁはぁ言いながらやっています。

でも一番辛いのは介護の大変さよりも、父の変わっていく姿を見続ける事です。

以前の父とは別人なのですから・・・。

きっと本人も、まだ認識があった頃は辛かった事と思います。

現在認知症の介護問題は社会的な課題となっていますが、個人としては、介護する側、される側、ともに出来るだけ笑って最後まで生きていければと思っています。

長い文章になってしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました!

もし気に入って頂けましたら
ポチっとよろしくお願いいたします。↓

うつ病ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました