結婚式は親孝行!?Part 2

この記事は約3分で読めます。

さて、式の間はぐずって大暴れした孫ちゃんは、チャペルを出た瞬間からご機嫌になりました。

超ハイテンションでホテル内を歩き回り、階段を昇り降り・・・。

ドレスアップした私は、ついて回るのに必死で、大汗をかいていました。

次は披露宴です。

披露宴の初めにタキシード姿の甥っ子とウェディングドレス姿のお嫁さんと一緒に登場する予定の孫ちゃん・・・・。

ちょっと心配でしたが、泣きもわめきも騒ぎもせず、おとなしくパパに抱っこされママと一緒に登場してきました。

その後はひな壇(センターテーブル)で、パパとママに挟まれておとなしく座っていました。

ひな壇に、孫ちゃん用の料理が置いてある様で、フォークで何かをぶっ刺して口に運んでいるのを一番遠い親族席から確認しました。

やがて披露宴はケーキカットへ・・・。

うちの妹(新郎の母)が孫ちゃんを預かりに、ひな壇へと向かいます。

そして、料理と共に私たちの親族席に来ました。

さっき大暴れしてお腹が空いていたのか、俵型に握ったおにぎりをフォークで刺して、次々と口に運んでいました。

と、その時、新郎新婦のお色直しで、タキシードもどきの服を着ていた孫ちゃんも次は和服に着替えに行かなければなりません。

ちいさなおにぎりを2個目は食べかけのまま、連れていかれてしまいました(;^ω^)

その後は和装に着替えた新郎新婦と孫ちゃん。

段々孫ちゃんの御機嫌が怪しくなってき始めました。

ふと見ると、新婦の友人があやしていて、寝そうだったので、親族席に連れてきて、ベッド代わりのチャイルドシートに寝かせると、それからは爆睡!!

滞りなく披露宴は進み、ウチの甥っ子の友人質がはしゃぎ過ぎで何度かスタッフに注意を受けるものの、その姿さえ可笑しくて、和やかで楽しい披露宴となりました。

最後は新婦から新婦の母へ、感謝の手紙。

次に新郎から新郎の母への感謝状。

やんちゃでおバカな甥っ子が、しっかり感謝状を読んでいます。

母たちは新郎新婦と4人でスポットライトの中です。

親族席で私は、「あの甥っ子がちゃんと漢字をすらすら読んでる!!」と、感動して思わずウルウル・・・。

親でもないのにとっても感無量。

結婚式や披露宴って本人たちの為はもちろんだけど、ホントは親孝行の為にあるのかなぁと感動しました。

ところで孫ちゃんですが、普段のお昼寝はとても短くて、30分くらいで起きてしまい、「もうちょっと寝ててくれよ~」といつも思っていたのですが、この披露宴の大騒ぎの中、なんと1時間半くらい爆睡していて、帰るために抱っこしたらようやく起きだしました。

訳も分からず大勢の人に囲まれてハイテンションになり、お腹が空いていたのにまともにご飯も食べさせてもらえず、何度も着替えさせられ・・・本当に疲れたんでしょうね。

ちょっと可哀想な孫ちゃんでした。

いつも「明るいうつ病生活」ブログを読んで頂いてありがとう~~~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

応援してくださる方は、下のバナーをポチッ☆として頂けると嬉しいです(^▽^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました