我がPC班の癒し系スタッフ、アリーさんのデザインしたものがあるお店で使われました!!

アリーさんは椎名林檎の大ファンなのですが、福岡市中央区の薬院にある京風創作料理のお店「居座火家 喜人(いざかや きじん)」の常連さんです。

椎名林檎と居酒屋さんに何の関係があるのかというと・・・。

その居酒屋さんは椎名林檎ファン御用達のお店なのです。

店主自身、椎名林檎の大ファンで、お店のBGMに毎日椎名林檎の曲を流し続けていたら、ある日、椎名林檎私設ファンクラブから貸し切りの予約が入り、この事がきっかけでだんだん椎名林檎ファンが集うお店になっていったとの事です。

店内は、店主自らが描いた独特の和テイストな絵をはじめ、常連客達がお土産に持ってきた椎名林檎のポスターやライブ会場で売られているグッズ、関東エリアにしか出なかった新聞広告など色々なものが所狭しと飾ってあるそうです。

突き出しの飾りとして、店主が描いた絵は本当に見事で迫力のある絵で、料理に華を添えています。

実は、福岡出身の椎名林檎が、友人の結婚式出席のため里帰りした際にお店に立ち寄ったそうです。

しかし、店内は満席。

店主が、知り合いのお客さんに席を譲ってもらおうとしている時、気を遣った椎名林檎は挨拶だけして帰っていったそう。

突然の出来事にパニックになっていた店主は、写真やサインをもらうのを忘れた事に、後から気付いたそうです。

「絶対にもう一度お店に来てもらって、今度こそサインをもらう」と決心した店主は、自分で描いた壁画の一部をサイン記入用のスペースとして余白のままにしているそうです。

さて、長々とお店の話をしましたがやっとここで、アリーさんのお話です。

椎名林檎ファンのアリーさんは当然このお店の常連さんです。

そして、「(生)林檎博 ’18-不惑の余裕-」マリンメッセ福岡公演の打ち上げ用に、アリーさんがデザインして作ったテーブルマットが飾られました。

こちらです。↓

シンプルでスッキリしたデザインながら、しっかりと福岡色が出ている林檎のデザインです。

ところでこの「居座火家 喜人(いざかや きじん)」。

今では福岡市内の方だけでなく、全国の椎名林檎ファンもやってくる大人気店だそうですが、椎名林檎のファンでなくても是非行ってみたい魅力にあふれています。

別にお店の宣伝を頼まれてこの記事を書いている訳ではないのですが、ビジネスホテルに一泊して是非お店に行きたい(北九州市近郊に住んでいるので、夜遊びに行くには一泊しないと不便・・・)と思ってしまったのでつい熱が入ってしまいました(;^_^A

「居座火家 喜人」のHPでメニューを見ると、“喜人鍋”という鴨肉の鍋に山芋のとろろをたっぷりかけた大人気鍋や、“生麩のゴルゴンゾーラ”“カマンベールと海老の湯葉かき揚げ”“クリームチーズの西京漬け 生麩と角煮でパイ包み”など、めっちゃ美味しそうなのです。

お値段もリーズナブルで、思わずにっしーさんと二人で「行きたいね~!!」と叫んでしまいました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

福岡に来られる方は是非行ってみてください。

「居座火家 喜人」HP → https://kijin.owst.jp/

いつも「明るいうつ病生活」ブログを読んで頂いてありがとう~~~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

下のバナーをポチッ☆として頂けると嬉しいです(^▽^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
もしよろしければシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください