12星座にはそれぞれ、ゆかりのある生き物がいるそうです。星座の力を強めたり開運につなげたりする事が出来るので、参考にしてみてくださいね。

牡羊座・・・ドラゴン

空を飛び、炎を吐くドラゴンは、火に関連が深い牡羊座にゆかりある生き物です。神話や伝説などで戦うその姿も、競争心の強い牡羊座と似ています。多くの神話や、絵画、モチーフとするアクセサリーなど、多種多様なドラゴン関連のアイテムがあります。これらを集めれば、あなたもドラゴンの強さを得られ、運が開けるでしょう。

牡牛座・・・ウシ

牡牛座のゆかりのある生き物は、ウシです。牡牛座はおっとりしている所がありますが、実はとても頑固で負けず嫌い。動物のウシも、母性的で優しい面と、荒々しい男っぽさの両方の特徴があります。ウシにちなんだ小物や雑貨などを買い集めたり身につけたりすれば、牡牛座の優しさと雄々しさを身につけ、運気アップにつながるでしょう。

双子座・・・オウム

人とのコミュニケーションに長けている双子座は、おしゃべり上手で会話が楽しめる性格です。そんな双子座にちなんだ生き物は、人の声を真似て話す事が出来るオウムです。開運につなげる為には、オウムを飼育するのもアリですが、難易度は高いでしょう。カラフルなオウムの写真を眺めるだけでも開運効果がもたらされます。

蟹座・・・甲殻類

蟹座にゆかりある生き物は、やはりカニです。カニの固い甲羅は自分のテリトリーを守る為。それは蟹座も同じで、自分を守るために壁を作りやすく、デリケートで繊細です。一方で、家庭的で身内想いでもあります。ぜひ親しい人たちと美味しいカニを食べましょう。穏やかで優しい気持ちになれます。

獅子座・・・ネコ科の動物

堂々としてゴージャスな雰囲気の獅子座。ライオンに代表されるネコ科の動物がゆかりある生き物になります。動物園にライオンを見に行くのも、ペットとして猫を飼ったり、猫カフェに行ったりするのもいいでしょう。猫も獅子の様なプライドや華やかさを持っています。彼らの様な自信を身につける事が出来るでしょう。

乙女座・・・愛玩動物(ペット)

シーズー犬イラスト

ペットは人の心を和ませ、癒してくれる存在です。「人の役に立ちたい」という気持ちが強い乙女座と縁深いのです。住まいの事情でペットが飼えない時には、犬や猫、ハムスターなどの、自分が買いたい動物のグッズやモチーフにしたものをそばに置いておくと、パワーを貰えるでしょう。

天秤座・・・鳩

平和のシンボルでもある鳩は、古くから天秤座に対応する生き物とされてきました。天秤座は平和主義で争いを好まない性格です。式やセレモニーなどで、沢山の白い鳩が空に向かって飛び立っていくのを見ると、晴れ晴れとした気持ちになってきます。公園に土鳩を見に行くのもいいでしょう。

蠍座・・・昆虫

蠍座は、死と再生を意味する冥王星を支配星としています。昆虫も脱皮や変態を繰り返す、という意味から、蠍座に対応する生き物です。アールヌーボー期にはトンボやハチ、バッタなどの昆虫が芸術品や工芸品のモチーフになりました。美しい昆虫を探したり、写真を見るなどして、運気を上げましょう。

射手座・・・馬

射手の矢の様に真っすぐ遠くまで進んで行く、という意味で、射手座に対応する生き物は馬です。好奇心が旺盛で色々な場所に飛んで行きたい射手座は、まさに馬の様です。運気を上げる為に、馬のグッズをコレクションしてみましょう。また、それだけで気品ある馬の様な雰囲気も身につける事が出来ます。

山羊座・・・ヤギ

山羊座にゆかりのあるヤギ。地道にコツコツと歩みを進めれば、ヤギだって険しい岩山を登りきる事が出来る、というたとえで、山羊座を表現する事があります。か弱いイメージがありますが、野生のヤギは強さと荒々しさも持っています。牧場などでヤギをのんびり眺めれば、気持ちが和むと同時に強さも貰えて、開運に繋がるでしょう。

水瓶座・・・渡り鳥

水瓶座は「風」の星座です。1か所にじっとしている事なく、自分の興味のままにあちこちと渡り歩いていきます。その為、風に乗り各地を移動する渡り鳥が、水瓶座にゆかりある生き物。開運の為にも、鳥の小物やグッズを集めたり、美しい鳥の写真などを眺めてみましょう。渡り鳥の様に広い世界を羽ばたきましょう。

魚座・・・イルカ

水に関係があるものは何でも好きで、海のそばで暮らす事が出来れば幸せ、という魚座。特に海に棲む哺乳類に縁があります。イルカは人懐っこくて、他人に感情移入しがちな魚座にはピッタリな生き物です。水族館でいるかを眺めたり、小物をそばに置いておけば、あなたの気持ちが周りに伝わりやすくなります。

以上です。

いかがでしたか?

いつも「明るいうつ病生活」ブログを読んで頂いてありがとう~~~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

下のバナーをポチッ☆として頂けると嬉しいです(^▽^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ