うつ病の人には憂鬱な季節がやってきましたね。

頭を抱える

ぐっさんも無気力が襲ってくるとブログに書いていましたが、冬は特に何もかもに疲れて「消えて無くなってしまいたい感」が出てきやすい気がします。

私は最近、胃潰瘍になったのもありますが、対人恐怖症があって、パニック発作が出やすくなってきました。

トラウマ

環境の変化にまだ慣れていないせいかもしれませんが、たくさんの人と建物の中に閉じ込められている感じに恐怖を覚えます。

そんな時でも気持ちは前向きなので、何とか頑張ろうとしますが、そうやって我慢していると次第に、息を深く吸えなくなって、息が詰まった感じになり、そのうち手が震えだして、小さなものを掴んだり、字を書いたりする事が難しくなってきます。

謝る
お祈り。

パニック発作を抑える薬を毎日飲んでいるので過呼吸にはなりませんが、そういう小さな発作はまだまだ起きるので、本当にぐっさんと同じで、「病気自体、早く無くなれ!」と思います。

発作を抑える頓服みたいな薬もあるのですが、それを飲むと、身体から力が抜けていくので結局意味はないのです(´;ω;`)ウゥゥ

何とか乗り越えたいものですが、うつ病の人のほとんどは、冬季のうつを乗り越えるのに苦労しているようです。

冬は日照時間が少なくなるのでどうしても、セロトニンの分泌量が減ってしまう様です。

今現在うつ病と闘っていたり、共存を図っている方、乗り越え方とかコツをご存知の方、良い方法を教えてください(^▽^)/

お互いに情報交換し合って今年の冬を何とか乗り切っていきましょう!

お辞儀をしている犬

色々な方からのコメントをお待ちしております(⌒∇⌒)

いつも「明るいうつ病生活」ブログを読んで頂いてありがとう~~~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

下のバナーをポチッ☆として頂けると嬉しいです(^▽^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ