昨日の心理テストの答えを発表します。

ひらがなのそ

昨日の問題は、「そう」と聞いてどんな漢字を思い浮かべるかという問題でした。

ひらがなのう

この問題は、「あなたの共感力」が分かるテストでした。

1の「僧」を選んだあなたは・・・共感力大!

僧という漢字は、人を表す「人」と、食べ物を蒸す器具を重ねた様子を表す「曽」で出来ています。僧はお坊さんの事ですが、漢字そのものにはお坊さんという意味はなく、梵語の音に合わせてこの漢字が僧侶という意味になったのです。元々の感じの意味は重ねて増えていくという意味。この漢字を無意識で選ぶのは、そっと気持ちを重ねて、寄り添って共感する事が出来る人。共感力が高まっているのです。

2の「総」を選んだあなたは・・・みんなをまとめるタイプ。

総という漢字は、「糸」編の、糸をたくさん集めて束ねる様子を表しています。何かを集め、まとめていくという意味を持つ漢字です。無意識にこの漢字を選んだ人は、みんなをまとめるリーダータイプ。共感力はあるのですが、流されてしまう事はありません。沢山の人に慕われ、頼りにされて、面倒を見てあげる事も多いでしょう。共感力を最も理想的な形で使える状態です。

3の「走」を選んだあなたは・・・自分ファースト。

走という漢字は、まさに走っている人の姿を書き表したもの。上部の「土」が人の形で、下部が足です。走という漢字を無意識に選ぶのは、とにかく誰よりも先に前に行く人でしょう。自分の事で一杯ですから、他の人をかまっている暇はありません。共感力という意味では今一つですが、人に影響されにくいという意味で、自分の道を真っすぐ進んで大成するタイプでもあります。

4の「想」を選んだあなたは・・・みんな違ってみんないい。

想という漢字は、人と向かい合い目を合わせる「相」と、「心」という漢字で出来ています。この漢字を選ぶ人は、自分の事より、相手を優先する人。相手が何をしたいのか、何を望んでいるのかをいつも想像しているのです。そして、自分と違うタイプの人の事も理解しようとします。単に共感して同調するのではなく、みんな違ってみんないい、といえる人なのです。承久の共感力を活かしていきましょう。

いつも「明るいうつ病生活」ブログを読んで頂いてありがとう~~~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

下のバナーをポチッ☆として頂けると嬉しいです(^▽^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ