自分では気づきにくい、ウッカリやってしまいそうな人間関係における失敗と対処法を星座別にお教えします!

牡羊座・・・ついつい暴走しがち。

常にエネルギッシュに行動する牡羊座。そのエネルギーは周囲の人を惹きつけます。しかし、没頭すると単独行動や直感で動く事が多く、誰もついてこられず、気がついたら周りに人がいなくなっていたなんてことも…。夢中になっている時にこそ、ふと立ち止まり周囲に目を向ける習慣をつけましょう。

牡牛座・・・・あまりにマイペース過ぎる。

何事にもじっくり取り組む牡牛座。集中すると周りに気が向かず、遅い自分のペースが、鈍くさいと思われているかも。だからといって、無理に周囲に合わせようとすると逆にペースが乱れ、あなたの良さが引き出せません。自分のペースで進められる環境を作る様に努めましょう。

双子座・・・多方面に手を出し過ぎる。

何にでも興味を持ち、マルチに作業を進められる双子座。フットワークの軽さも魅力的で、周囲から重宝されるでしょう。しかし、調子に乗っていろいろ手を出していると、結果的に自分は何者なのだろうと方向性を見失ってしまいます。何か1つ、自分の中に書くとなる指針を持つとブレなくなるでしょう。

蟹座・・・甘やかしすぎる。

母の様な優しさを持つ蟹座。家庭的な安心感を与えるあなたは周囲に愛されているでしょう。しかし時としてそれがアダとなり、気がついたら周りに甘えん坊ばかりが増えていませんか?相手の仕事を請け負い過ぎず、本当に困っている時に手を差し伸べるなど、メリハリをつけたサポートをするといいでしょう。

獅子座・・・人目を気にし過ぎる。

華やかな雰囲気で気品漂う獅子座。影響力もあり、慕ってくる人も多いでしょう。だからこそ、周囲の期待に応えるべく行動しようとして、無理して頑張り過ぎて身体が動かなくなる事も。そんな時は無理せず、リラックスしましょう。たまには、人目を気にせず羽を伸ばして。

乙女座・・・無償の奉仕にイライラ。

周りが心地よく過ごせる様、きめ細やかにサポートする乙女座。そうする事を自らの義務と捉えがちな反面、当たり前と思われ、感謝が無かったり、対価や評価がないと、皮肉が止まらなくなる事も。イライラした場合には、思いを文章にするなどして感情を整えると、冷静になれるでしょう。

天秤座・・・人間関係はバッチリと思い込む。

人間関係のエキスパートといえる天秤座。スマートな社交術で、交渉力にも長けるので、周囲から頼りにされるでしょう。しかし過度に周囲との調和を図る事に集中してしまうと、八方美人とウワサされ、行動が空回りしてしまう事も…。そんな時は立ち止まり、1人静かに内観し、自分指針に目を向けましょう。

蠍座・・・愛情の深さがアダに。

情熱的で情が深く、人との繋がりを大切にする蠍座。しかし同じように状の深さを他の人にも求めてしまうと、耐えきれない人は離れてしまう事も…。もし裏切られたと感じた時には、情の深さは人により、それぞれ異なると考えましょう。時には割り切って考える事も必要です。

射手座・・・何でも受け入れてキャパオーバー。

大胆な行動力、そして知性と包容力を併せ持つ射手座。頼りがいのあるあなたに仲間も集まり、沢山の仕事を持ちかけられる事も多いでしょう。しかし手を広げ過ぎて収拾がつかなくなってしまう事も。間口の広さは大切ですが、自分の出来る範囲を見極め、時には断る事も覚えましょう。

山羊座・・・自分の考え以外を無駄に感じてしまう。

安定した行動で着実に結果を出す山羊座。そんなあなたに、周囲輪羨望の眼差しを向けるでしょう。目的地からゴールまでの道筋を立てるのが得意だからこそ、無駄な行動をする人を理解できず、イライラしてしまうかも。そんな時は、自分の考えだけが正しいと思わず、自分と異なる意見も1つのプランと考えるといいでしょう。

水瓶座・・・斬新すぎるアイデアが理解されない。

現状を改革する努力を惜しまない水瓶座。既存の概念ではなく、革新的なアイデアで周囲を驚かせます。しかし、その考えが斬新すぎて、周囲の理解が得られず、孤立してしまう事が多いでしょう。そんな時は、周囲の意見に耳を傾け、問題点を解決しながら、ともに理想的な環境を作り上げていきましょう。

魚座・・・誰にでも尽くして依存される。

奉仕的な愛で周囲に安らぎを与える魚座。人に必要とされると断れず、例え自分が苦しくても相手に尽くしてしまう事が多いでしょう。その結果、依存的な関係に陥りがちです。あなたの癒しは人を救いますが、あなた自身も大切な存在です。本当に守るべき、愛するものを見極め、あなた自身も愛されましょう。

以上です。

いかがでしたか?

いつも「明るいうつ病生活」ブログを読んで頂いてありがとう~~~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

下のバナーをポチッ☆として頂けると嬉しいです(^▽^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ