「明るいうつ病生活」ブログの紹介文には、うつ病歴22年、と書いています。

うつ病女性

この“22年”というのは、22年前店長をしていた洋服屋さん店舗閉鎖になって、仕事辞めた時、まるで抜け殻の様になって何をする気力もなく、人にあったり話をする気にもなれず、数か月閉じ籠っていた頃からを数えています。

私の人生の前半は、結構波乱万丈で、トラウマがいくつもあったりします。

トラウマ

特に、子供の頃に受けた、いくつものトラウマは、今思い出すのも辛いくらいで、今思えば当時から“うつ病”の症状の様なものが色々出ていたので、正確にはいつからうつ病なのかはわかりません。

ようやく病院通い始めてからも、10数年たちます。

 

最初は、病院に通えばすぐに治るものだと思っていました。

病院しかし、病院通い始めた当時はまだ、一般企業販売仕事をしながらの治療だったので、なかなか体調良くならずも色々試しました。

そのうち、「本当に治るのだろうか」と不安になったりもしました。

病院診察室では、毎日どんな生活をしているのかを聞かれるだけで、特に症状について聞かれることはありません。

私も、自分の事話すのが苦手で、聞かれた事に答えるだけになってしまうので、なおさら症状説明などの話は出来ません。

「これでいいのだろうか」という不安が起こります。

診察室周りの人からは、セカンドオピニオンを勧められたりしましたが、様々な手続きがとても面倒で、そのままになっています。

でも、この10数年、最初は焦り不安無気力自己否定の塊だったのが、少しずつ前を向いて「今の自分に出来る事をしよう」と、パソコン学校に行って資格を取って、そして今、その資格を活かしてA型支援施設PC作業をしています。

それは、もちろん周り支えてくれている人たちのおかげですが、病院先生経過を常に観察してくれている事もあると思います。

先生は、毎日の何気ない日常つつがなく過ごしているのか、それとも病気症状飲まれて悪い方向へと向かっているのか、きちんと診てくれていたんだと今、改めて思っています。お医者さん

何故、私が今こんな事を書いたかと言うと、うつ病パニック障害など、心の病気になってしまった時、とても不安になり、なかなか治らない事に焦りを感じて次々に色んな病院受診して、結果症状があまりよくない状態のままで長く過ごしてしまう人もいるだろうと思ったからです。

不安に駆られてあちこち受診していたら、経過観察はしてもらえません。

心の病気」とは言われていても、実際には「脳の病気」です。シートの薬

気の持ち様では病気治りません

しかし、不安に駆られてあちこち受診しても治るものではないと思います。

風邪薬「風邪をひきました」「では、風邪薬を処方します」

「薬を飲んで治りました」

私ははじめ、病院こんな風に捉えてしまっていたので、「病院受診して、飲んでいるのに何故いつまでも治らないのか」と不安になっていました。

けれど、うつ病は「脳の病気」とは言っても、CTスキャンやMRI画像に映るようなものではありません。

CTスキャンMRI結局、「経過観察」と「気長な投薬治療」、そして、本人の「病気を治そう」とする意志大事なのです。

完璧元に戻る事ばかりを考えているうちは、「病気が治らない」と捉えてしまいますが、長い目で見ると、少しずつ前向き頑張る事が出来る様になっています。

いつか完璧に病気が治る事」を目標にしていると、不安焦り募るので、「今の私はこんな事が出来るようになったから、次はこんな事を目指そう」という気持ちでいる様にした方が、気持ちになりました。

いつかまた、気持ち症状沈む事もあるかもしれませんが、今の私は“そこから抜け出せる”事を知っているので、絶望せずに済みそうです。

私と同じような病気を抱えている皆さん、私と一緒に少しずつ前に進んでいきましょう(^▽^)/

長くなりましたが、最後まで読んで下さってありがとうございます!!

いつもポチっとありがとうございます!
今日もポチっとよろしくお願いします

うつ病ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村