今回の西日本を襲った豪雨は、各地に大きな被害をもたらしてしまいました。

堤防決壊過ぎてみれば何事も起こらなかったとは言え、大雨の最中は、私も他人事ではない不安を抱えました。

豪雨被害遭われた方たちは、この暑さの中、水の確保や、寝泊まりする場所後片付けなど、私には想像も及ばないほどご苦労されている事と思います。

災害が起こった時、いつも「今回の事を教訓として」という言葉を聞きます。

過去の事を教訓にする事は良い事ですが、“いつも”となると考えさせられませんか?

いつ、教訓を活かすのだろう」と思ってしまうのは私一人でしょうか?

今回豪雨被害ニュースを見て、そして自分自身避難しなきゃいけないかも」と切実考えた事も含め、今、思う事があります。遠賀川写真

それは、自治体によって、避難指示判断が違う事です。

私の住むN市は、避難指示早すぎ、また、誰を対象にどこにどのように避難するかという具体的指示不足していたため、お年寄りで、パソコンスマホなどのインターネット情報を得る事出来ない方々は、大変混乱しておられました。

お年寄りや体に不自由な方は、早めに避難を”というのは分かります。

防災グッズしかし、避難場所だけ教えられても、何を持って行く必要があるのかとか、で行って、停める所はあるのかとか、避難場所は確かに安全なのか、何をどうして、判断するのか、まるで情報得られないのです。

○十年ぶりの記録的な”、“未曽有の災害”など、よく報道使われる言葉ですが、起きた後に“教訓”とするのでは、後手に回ってばかりになってしまいます。

教訓を活かしてインフラ整備をするのは結構ですが、それよりも、あり得ないほどの災害備えて、あらゆる避難想定をして、各自治体で、役所消防署警察署がしっかり連携し、普段から情報徹底して、市町村民事前にマニュアル配布して欲しいと思いました。

土砂崩れどんな災害でも、食料安全に過ごせる場所必要ですが、何よりも大事なのは“情報”ではないかと感じました。パソコンに熱中する人

インターネットによる情報収集個人的気軽にできる反面災害にあってしまうと、使えなくなる恐れがあります。

その時に頼りになるのは、役所消防署警察署からの情報しかありません。

行政放送今回西日本豪雨災害でも、避難指示早さ遅さ混乱や、被害が起こってしまった例もあるようです。

各自治体も、も、的確な時期に、必要な情報を、混乱のない様に配慮して発表するという事をして欲しいと、心の底から願います。

事後処理”ではなく、“事前準備”を徹底して欲しいものです。避難訓練

いつもポチっとありがとうございます!
今日もポチっとよろしくお願いします

うつ病ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村