同じ事業所の友達に、同い年でジェネレーションギャップを感じず、話が出来る人がいます。

Tちゃんという男性ですが、彼は日本史が得意で、歴史の意外なトリビアを度々、披露してくれます。

「えぇ~」とか「へぇ~」と驚く事が多くて、色々話を聞いているうちに、自分でも歴史を勉強したくなりました。

そこで、いつものポチッとショッピングで歴史の参考書を買ってみました。

金谷俊一郎という予備校の講師の方の本です。
日本史参考書
大学受験用なので難しいかと思ったのですが、中学生でも理解できる様な丁寧で分かりやすい文章な為、私でもすんなり理解できます。

まだ、読んでいる途中ですが、今、蘇我さんとか物部さんとか出てきている所です(笑)

どういう流れで歴史的人物が現れて、何故歴史的な動きをしたのかを納得していけるので、勉強というよりも、面白い歴史の読み物と言った感じで読んでいます。

受験生だけでなく、日本史に興味を持った方なら楽しく読む事が出来るので、挑戦してみてください(⌒∇⌒)

 

因みに、Tちゃんのトリビアを一つご紹介します!

よく、出版物に対して、「直木賞」を授与したなんてお話を耳にしますよね?

直木賞の「直木さん」って、下の名前を知ってますか?

「芥川賞」の「芥川さん」は、芥川龍之介だという事は誰でもわかると思いますが、直木さんの下の名前や作品は意外と知りませんよね。

直木三十五(なおきさんじゅうご)さんだそうです。

当然ペンネームだろうとは思いますが、不思議な名前ですよね!

由来を知りたいものです。

金谷の日本史(原始・古代史)改訂版 「なぜ」と「流れ」がわかる本 (東進ブックス) [ 金谷俊一郎 ]

価格:1,296円
(2018/5/31 11:33時点)
感想(3件)


いつもポチっとありがとうございます!
今日もポチっとよろしくお願いします(^▽^)/

うつ病ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


もしよろしければシェアをお願いします!

2 Comments

Add yours

  1. 小説!
    ハマってしまったって言葉を見たら
    某大学が
    浮かんできますw

    ポチッ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください