ノートパソコンのキーボードは打ちにくい…

この記事は約2分で読めます。

こんにちは

僕は普段あまりノートパソコン(以下ノートと表記)は使わないのですが
仕事のときだけは使っています。

そんな時ノートに内蔵されているキーボードって何か打ちにくいなと思っています。

これは大概どの機種でも思うことなのですがそれはなんでなんでしょうね…

ノートパソコンのキーボード

それを自分なりに考えてみたのですがまず言えることが
キーを少ない面積に詰め込みすぎている
今使っているノートのキーボード横幅は約310mm
これの狭さにテンキーまでもが詰め込まれています。

デスクトップPCのキーボード

これが自宅で愛用しているゲーミングキーボードです。
このキーボードの横幅は472mmこれに上記のノートとほぼ同じだけのキーが搭載されています。

まあノートはコンパクトなパソコンであるためここは妥協点なんでしょう。
しかし日々ライティング作業すると本当に嫌になるレベルです(笑)

ノートパソコン打ち間違い

この画像の赤枠の部分が特に間違えやすいところです。
これは人にもよるのでしょうけれど僕の場合はここです。

しかもデスクトップと比べてキー高さが極端に低い上にストロークなんて皆無です。
もはやゲームセンターのUFOキャッチャーのボタンレベル
それが原因でエンターキー押すつもりがバックスペースキー押したり
NUM LOCKキー押したり…一日数えると100回くらいは間違えていますね。

あとは方向キーが意味をなしていない…
こんなに小さいと腕を相当下に移動させないと使えない。
これならマウスかポインティングデバイスで選んだほうが確実です。

さらにこのノートにはインジケータランプがないんです。
「Num」「CapsLock」「Scroll Lock」のランプのことね!
これがないせいでテンキー使うと方向キーになっていたりして
とっても扱いにくかった…それを補うために
「Keyboard LEDs」というソフトを入れています

キーボードLEDs

そのソフトを使うことで画面上にインジケータを置くことができるので便利です。
今はこのノートを例にあげたのですがこれに限らずほとんどのノートに当てはまることです。
僕はだいだい外付けのキーボードをつけて使っていますね。
ちょっとした作業であれば許せるのですがライティングとなると結構大変なんです。

メーカーさんももうちょっと幅あっていいから
使いやすいキーボードを付属につけてほしいですね。

それでは!
当ブログはブログランキングに参加しております。
押して頂けるとモチベーションアップにつながります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました