香川県でゲームやインターネット依存症対策の条例ができる?!

友達とゲームウーマン
この記事は約3分で読めます。

僕は毎日Googleトレンドをチェックしているのですが
そんな中ひっかかる記事を発見しました。

香川県、全国初ゲーム・インターネットなど依存症対策の条例検討
高校生以下は「平日60分/休日90分まで」|Yahoo!ニュース

確かに日常的に見ていると
公園で遊んでいる子ども達って少なくなっているなと思ったりしますね。
それに加えて福岡県で言いますと
広い公園なのに「ボール遊び禁止」なんて書いてあるところが相当数あるのも事実
行政がそんな規制をするものだから尚更子ども達はゲームをするのではないのかな?
と僕自身は思っています。

この記事ではこのようなことが書いてあります

香川県議会がゲームやインターネットなどの依存症対策に関する条例を全国に先駆けて検討中です。ゲームやネットなどを平日は60分、休日は90分に制限するといった具体的な時間も盛り込む見込み。

条例は18歳未満(高校生以下)の子どもを対象にしたもの。ゲームやネットの利用について「中学生は21時まで」「高校生は22時まで」といった制限も想定しています。罰則規定は設けないものの、条例を子どもに守らせることが保護者や学校側の「責務」として定められるとのこと。

香川県、全国初ゲーム・インターネットなど依存症対策の条例検討 高校生以下は「平日60分/休日90分まで」|Yahoo!ニュース

県が個人のやることに細かく規制をかけるというのはどうなんだろうと思いますね。
本来これは親がしっかり躾の一環でやらないといけないものです。
それを怠って県が規制ってちょっとおかしな話ですよね。

よく大人は「ゲームなんて何もいいことなんてない!」なんてよく言いますが
本当にそうなのでしょうか??

僕はそうは思わないんです。
絶対メリットだってあるんです。

例えばコントローラーの細かな操作で脳が活性化されたりとか
自分で考えてキャラクターを育てたりするゲームなどでは創造力や判断力が向上すると思うのですよ。

逆にデメリットを言いますと
”依存症”というレベルまでなってしまうと成績が落ちてしまった
年齢にそぐわない暴力性のあるゲームをすることで現実との区別がつかなくなったりします。

要は「ゲーム=悪いこと」だとしてはいけないということ。
これは県がやることではなくて親が子にしっかり決まり事を作り実行させることが重要である
例えば宿題が終わらないとゲームはさせない!とか食事中はゲームはしない!など。

今の世代の親だと自分が子どもの時にゲームをしていたという人も多いはず
であればやるときは一緒にやってけじめをつけるときはしっかりとやればいいと思うのです。

ちょっと話が逸れてしまったけど
これは県がやるべきことではないと言いたかったのです。

それでは! もしよろしければポチっとおしてくださいネ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました