働けないのか働かないのか働きたくないのか

この記事は約5分で読めます。

こんにちは!

ここの記事にたどり着いた人はうつ病で困っている人なのかな?
今回はうつ病や双極性障害などの精神疾患を患っている人の働き方について考えてみます

うつ病になると仕事がない?

うつ病になる前は何をしていましたか?

みなさんのうつの原因って何でしょうか?
仕事での人間関係?プレッシャー?はたまた昇進?
それは人それぞれあるかと思います。

もしかしたら仕事はまだしたことなくて学生の時になった人もいるかもしれません。

ちなみに僕は前職は自動車整備士をしていました。
まあといっても新人ですぐになったので2か月しかいませんでしたが・・・

うつ病になる人は基本的に真面目な性格

自分で言うのもあれなんですが、
僕はうつ病になるまでは相当真面目に生きていました

新社会人としてオートバックスに入ったときも
少しでも早く先輩方の役に立ちたいと研修も頑張ったし、
苦手な接客もチャレンジしていました。

しかしそれが知らず知らずのうちにストレスになっていたのでしょう。
2か月目で敢え無く撃沈しましたけど・・・

そんな感じでうつ病になる人は基本的に生真面目。
そして自分の許容範囲を超えていることにも気づかず突然燃え尽きる・・・。
それからうつ病という地獄の入り口に立ってしまうのです。

うつ病の人の心理

この情報社会ですからもしかしたら
うつ病 働き方」とかで検索した人もいるかもしれませんね。

そうすると真っ先に出てくるのは
うつ病 人生終了」といった記事です・・・。

それに関しては半分正解で半分間違いです。
僕がうつ病になってしばらくは「あぁ・・・人生詰んだか・・・」と毎日思っていました。
だって22歳(当時)にもなって実家で親から自立もできず
ひたすら真っ暗にした部屋の中で死んだかのように寝ているだけ・・・。
そりゃーそう思ってしまいますよ。

誰かの一押しが必要な時期

うつ病になって自己嫌悪に陥り自分に自信がなくなった状態では
なにやっても失敗する」という固定概念が邪魔をし、絶対に働こうとは思えませんでした。

結局今の職場(就労継続支援A型事業所)に入るとき背中を押してくれたのは母の言葉でした。
「簡単じゃない自動車の整備ができるんだから軽作業なんて絶対できるよ!」
「もし無理なら辞めればいい」
こういった言葉をかけてくれたおかげで今の自分があるとおもっています。

うつ病の人の働き口は意外と多い

うつ病って周りから見ると見た目は普通だけど、
常に落ち込んでいて接しにくい・・・とどうしても思われがちだと思います。

しかもうつ病や双極性障害は必ず気分の波が存在するので、
いきなり正社員なんて考える必要はないのです。

就労継続支援を活用しよう

先ほども言いましたが自身が持てないのにいきなり正社員なんて無理です。
というか絶対にやめたほうが良いでしょう。
かえって悪化することになります。

就労継続支援とは何かといいますと
基本的に軽作業や清掃、飲食店のスタッフ等をやりながら
一般就労を目指すというもの。
要はそこで知識や技術などを学んでいきましょうというものです。

1.就労継続支援A型事業所

この就労継続支援A型事業所では雇用契約を結んだ上で最低賃金以上の給料をもらいながら仕事をしていきます。

仕事内容は?
  • 施設内での内職作業
     (自動車部品の加工、家庭用品の組み立て、検品等)
  • パソコンを使った作業
     (ブログ作成、Web制作、エクセルのデータ入力等)
  • カフェやレストラン、食堂のホールスタッフ

こういうのが多いのではないでしょうか。

僕のいるドリカムではホールスタッフはないのですが、
基本的には上の二つがあります。

対象者はこちら
  • 原則18歳以上65歳未満
  • 身体障害者
  • 知的障害者
  • 精神障害者
  • 発達障害者
  • 難病を患っている方

上記の人が対象になりその中で以下に該当する者

  • 就労経験があるが、現在働いていない人
  • 就労移行支援サービス、特別支援学校での就職活動を経たが、雇用に結びつかなかった人
お給料はいくら?

仕事を探す上で見逃せないのがお給料ですよね!
いくら仕事してもお給料が少ないと生活ができません。

就労継続支援A型事業所では基本的に最低賃金は保障されます。

僕の住んでいる福岡県を例に計算すると
(最低賃金841円×4時間)×23日(休日8日)=77,372円
となるのでまあ多いわけでは決してありませんが、
贅沢しなければ生活はできる金額です。

これに関しては時給、就労時間、就労日数などをしっかり調べていくことをおすすめします。
たまにややこしい書きかたしているところがあるため。

2.就労継続支援B型事業所

先ほどのA型と何が違うのかと言いますと
A型の方では雇用契約を結ぶ必要がありますが、B型では結ばない

要は体調が安定しない人や体力がないといった理由で
雇用契約を結んで働くことが難しいといった方を対象に訓練を行うことができます。

仕事内容は?

こちらでも軽作業を中心に行っていきます。

  • 農作業
  • 食堂の調理
  • 衣類のクリーニング

こういったのが多いようです。

対象者は?
  • 身体障害者
  • 知的障害者
  • 精神障害者
  • 発達障害者
  • 難病を患っている人

この上記を満たした方で以下の条件のいずれかに該当する方になります

  • 就労経験があり、年齢や体力の面で一般就労が困難となった方
  • 50歳に達している方
  • 障害基礎年金1級を受給している方
  • 就労移行支援事業者などによるアセスメントで、就労面の課題が把握されている方

B型事業所では1日1時間や週1日などの利用もできる事業所もあるようです。

工賃はいくらもらえる?

B型事業所では先ほども言ったように
雇用契約を結ばないので、最低賃金は保障されません。

ですので給料というよりは工賃と呼ぶ場合が多く
福岡県を例にあげますと月平均15,000円ほどということです。

他にもいろいろな働き方があります。

ここでは深くは触れませんが、
フリーランスで自宅にいながらインターネットを使って仕事をしたりすることも可能です。

うまくやればこっちのほうがお給料たくさんもらえることも・・・?!
ただし多くの場合は収入が不安定です。

うつ病になったかたはいろいろな人がいてそれぞれで頑張って働こうとしています。
検索をかけるのもいいけど、それならブログランキングでうつ病ブログを見に行った方が為になると思います。

最後に・・・

うつ病や双極性障害の方はいつも波に振り回されて辛い思いをしていると思います。
僕だって未だに体調が悪い日もあります。
一緒に頑張っていきましょう!!

最後まで読んでくださってありがとうございました!

それでは!
いつもポチっとありがとうございます!
今日もポチっとよろしくお願いします(^▽^)/

ブログランキング・にほんブログ村へ
もしよろしければシェアをお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました